満席御礼! ただ今キャンセル待ちです

こちらからお問い合わせください

こんにちはビジョネットの山口です。
突然ですが、あなたの会社の社員は「月ワク」ですか?

「げつわく? なんだそりゃ?」

「月ワク」は、私がつくった「月曜日会社に行くのが楽しみでワクワクする」の略語です。ふつう、社員は月曜が大嫌い。金曜日や週末がワクワクで大好き。

でも、一日のほとんど、人生の大半は仕事人として会社に勤めます。会社に行くのが「義務」や「嫌々」「仕方なく」の人生と、会社に行くのが「ワクワク」「楽しみ」な人生。

あなたは経営者として、大事な社員さんにどちらの人生を送ってもらいたいですか?

答えは聞くまでもありません。だから私の会社では今、どうすれば社員が「月ワク」になるかを追求しています。しかしそもそもなぜ、社員は「月ワク」でいられないのか……?

社員が一丸となるプロセスがない

理由はさまざまですが、一つは「心」の問題です。経営者と社員の心がバラバラだから。社員同士の心がバラバラだから。社内にそういった分離があるからです。

もう一つは「経営理念」の問題。経営者が社員さんを幸せにしたい、働きがいや生きがいを追求しようと思っていない。月ワクを目指そうとコミットしていない。

「いいや、うちは社員の幸せも追求している!」と言っても、経営理念が浸透していない。社員が一丸となるプロセスがない。経営理念を現場に落とし込む日常的な仕組みがないことがほとんどです。

ではどうすればこれらを解決できるのか? 人事部長と一緒にああでもない、こうでもないと試行錯誤しているうちに、衝撃的な出会いがありました……

悔しいですが完敗です

徳島県にある西精工という会社を知っていますか? ナットなどの工業製品をつくる会社で、最新のレクサスのドアに使われるなど、超高品質な製品を生み出しています。

「日本経営品質賞」「日本でいちばん大切にしたい会社大賞」を受賞するなど、一流の経営をしているのですが、一番すごいのは会社の中身。つまり社員さんです。

なんと社員さんの9割が「月曜日に会社に行くのが楽しみ!」と答えるのだから驚き。

だからといって、「ゆるい会社」なわけではありません。むしろ業界平均をはるかに上回る高い水準で仕事をしているからこそ、数々の経営賞を受賞できるのです。

そんな西精工にご縁があり伺わせてもらったのですが、悔しいどころか、完敗でした。こんなにも私が目指す「月ワク」な会社があるなんて……

私は西泰宏社長に話を聴き、重要なポイントを学ばせてもらいました。その結果、会社を変えていける仕組みと実感、なにより「覚悟」をいただきました。

全員が理念にコミットすると

西精工がはじめから経営理念の浸透した素晴らしい会社だった、なんてことはありません。赤字でこそなかったものの、雰囲気は誰が見ても暗く、部署間の壁は厚い。「仕事だから仕方なく働く」といった心の通わないバラバラの組織でした。

そんな組織を大改革したのが、現社長の西泰宏さんです。経営理念を現場に落とす仕組み、社員が一丸となるプロセスを生み出すことで、西精工の組織風土は再構築されました。

その結果、社員が会社を好きになった、月曜日にワクワクしながら出社したくなった、というだけでなく、自分の仕事に誇りを持ち、日本一、世界一の製品を生み出そうと情熱を持って働いています。

そうすることで、価格競争にさらされない、高付加価値の製品を次々に開発し、会社の業績もどんどん上がっています。社員一人ひとりの生産性が抜群に高いのは言うまでもありません。

社員の自発性、モチベーションがまるで違うので、同業他社がどれだけ残業しようと、お金をかけようと、西精工には敵わない。私が目指すのも、まさにそんな会社です。

西精工の秘密を見に行きませんか?

西泰宏社長の実践する、経営理念を浸透させる組織風土づくり。社員さんと会社に対する向き合い方と想い。そして名物になっている、組織が変わり、人が育つ朝礼。

これらを西精工に一緒に見に行きませんか?

西精工が、西泰宏社長が、人を輝かせるためにどんなことをしているのか? そこにはきちんとしたプロセスがあり、仕組みがあります。

誤解を恐れずに言えば、西泰宏社長のカリスマ性でやっていることじゃない。だからこそ意味があり、私たちもマネすることができます。

月ワク社員の生の声

今回の現地研修では、西泰宏社長の話が聴けるのはもちろん、朝礼にも参加できます(朝礼は毎朝1時間あります。目的は情報共有ではなく「教育」です。なので一方的に伝えるのではなく深い対話をします)。それだけじゃありません。

お酒を飲みながら、西精工の社員さんと直接ざっくばらんに話をすることができます。

具体的なスケジュールはこちらです。

1日目
/ 2019年7月2日

17:30
|
18:00

開場

会場 : THE PACIFIC HARBOR (現地集合)

18:00
|
20:00

懇親会

西社長と西精工の社員さんも参加いただき、交流や意見交換、ご質問を自由にしていただける場を設けさせていただきます。ご参加者様同士も、この機会にぜひ親睦を深めてください。

飲み会の様子(イメージ)

※写真はイメージです


2日目
/ 2019年7月3日

7:30
|
10:00

朝礼と工場の見学

毎日就業中に全員参加で1時間程度で行われている西精工さんの名物朝礼に参加します! 会社フィロソフィーを徹底的に根付かせ、モチベーションとコミュニケーション力を向上させる名物朝礼をご体験ください。

西精工本社

※西精工本社

10:00
|
12:00

西泰宏社長の講演

西精工が実践する"大家族主義経営"
我が社を支える「創業の精神」と「経営理念」

人が輝く人間尊重の組織づくりについて、西社長の考え方、これまで実践されてきた取り組みなどをお話しいただきます。「社員の成長」「社員重視の組織づくり」「組織力の強化」といあった課題に取り組まれている経営者、幹部の方は必聴です。
(終了後、現地解散)

講演の様子(イメージ)

※写真はイメージです

価格と募集人数は

社員の9割が「月ワク」になる現地研修は、1泊2日で西精工の「経営理念を浸透し、実現する秘密」を学びに行くものです。

懇親会では社員の方から実際の声を聴き、自社のどこに問題があり、なにを求められているのか。経営者のどんな姿勢に響くのか。どうすれば理念を自分事として、まっすぐに体現できるのか。どんどん質問してください。

西精工名物となっている人を育てる朝礼では、経営者が発信すべきメッセージを体感できます。朝礼により業務時間が短くなっても、どんなリターンや価値が生まれているのか。これは自分の目で見なければ決してわかりません。

そして西泰宏社長から直々に、現在に至るまでのプロセス、落とし込み、仕組み、取り組みを解説していただきます。もちろん質問は大歓迎です。工場見学もありますので、現場の人の仕事の雰囲気、態度からも学んでいただけます。

私は10万円でも十分価値に見合うと思いましたが、今回は1名につき3万円で実現できるようにお願いしました。懇親会費込みで3万円です。ただし、じっくり密に学んでいただけるよう、募集人数は30名とさせていただきました。

最後に

ほんとうなら、社員の9割が「月ワク」の会社として、私の会社の見学に来ていただきたいところです。でも悔しいですが、西精工さんには敵いません。

私も西泰宏社長から直接話を聴き、アイデアがばんばん湧き出てきました。できていないことがたくさんあると反省する以上に、「こんなこともマネできる!」というひらめきをたくさんいただきました(一つずつ実践しています)。

あなたもすでに実践している仕組みがあるかもしれません。しかし実践レベルの違いを知ることも、大きな勉強になります。重要なのは経営者自身の基準を変えることだからです。

1泊2日の研修ですが、1日目は夕方から、2日目もお昼には解散なので、スケジュールへの影響は最小限です。大事なことなので繰り返しますが、重要なのは経営者の基準。西精工を見ると確実に基準が変わります。それが経営の質を大きく底上げします。

できればあなた一人ではなく、幹部や人事の方と一緒にご参加ください。最低でも50個は気づくことがあるはずです。気づいた分だけ、会社を「月ワク」へと変えられます。

山口俊晴

日程 / 会場

日 程 2019年 7月2日 - 3日
集合時間 2019年 7月2日 18:00(17:30 開場)
集合場所 THE PACIFIC HARBOR(ザ パシフィック ハーバー)
徳島県徳島市中洲町3-5-1 アクセス
徳島駅から車で約5分・徒歩約20分
徳島空港から車で約25分
参加費 30,000円(税抜)
※懇親会費込み。ホテル代別。
募 集 ※先着 30名 限定(最少催行数:20名)
決済方法 クレジットカード・銀行振込をご利用いただけます。

宿泊ホテルについて

お勧めのホテル「徳島グランヴィリオホテル 」にご宿泊希望の方は当社で予約を受付ます。
申込時、備考欄で「ホテル希望」と記入ください。


徳島グランヴィリオホテル
〒770 0941 / 徳島市万代町 3-5-1
シングル 6,900円 / 1名様(朝食付き・税込み)
シングル 5,900円 / 1名様(朝食なし・税込み)

※宿泊費は現地精算となります
※宿泊施設及び料金は変更になる場合がございますので、予めご了承願います


■ ホテルキャンセル料(開催日より3営業日前から30%、当日は全額)

各地から会場への行き方

往路 交通機関
便名
出発地
時刻
到着地
時刻
東京方面から 飛行機
JAL457
JAL459
ANA283
羽田空港
11:45
13:30
13:30
徳島空港
13:00
14:45
14:45
福岡方面から 飛行機
JAL3564
福岡空港
10:00
徳島空港
11:00
大阪方面から 高速バス 大阪・梅田
11:00
12:00
徳島駅前
13:44
14:44
徳島空港から リムジンバス 徳島空港
11:10
13:10
14:55
14:55
徳島駅前
11:38
13:38
15:23
15:23
復路 交通機関
便名
出発地
時刻
到着地
時刻
徳島空港へ リムジンバス 徳島駅前
14:10
15:55
18:25
徳島空港
14:38
16:23
18:53
東京方面へ 飛行機
ANA284
JAL460
JAL462
徳島空港
15:20
15:25
17:30
羽田空港
16:40
16:40
18:50
福岡方面へ 飛行機
JAL3568
徳島空港
19:50
福岡空港
21:00
大阪方面へ 高速バス
徳島駅前
13:45
14:15
大阪・梅田
16:15
17:00

残り0名

満席御礼! ただ今キャンセル待ちです

こちらからお問い合わせください

講師プロフィール

西 泰宏(にし やすひろ)

1923年、ボルトの製造で創業。自動車部品などのナットを中心とした、お客様にとって価値の高い製品 = 「ファインパーツ」を製造・販売。「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞(中小企業庁長官賞)をはじめ「経営品質賞」「ホワイト企業大賞」「おもてなし経営企業選」「稲盛経営者賞」他、多数受賞する四国を代表する優良企業。

社長の西氏は1963年、徳島県生まれ。神奈川大学卒業後、広告代理店の営業を経て西精工株式会社に入社。風土改革をすすめ、利益追求ではなく社員満足を追求する経営理念を制定する。2008年、代表取締役社長に就任。「人間尊重」、「お役立ち」、「相互信頼関係」、「堅実経営」、「家族愛」の創業の精神を制定し、社員との対話を続け、理念やビジョンを浸透。社員満足度日本一企業として評価されている。共著に『人間性尊重型大家族主義経営』がある。

追記:皆さんと(定期的に)行きたい理由

この企画は、できれば定期的に実施したいと思っています。理由は、私が何度でも西精工に行きたいからです。なぜか? 経営者としての「覚悟」を見直すためです。

どうして西精工の社員の9割が「月曜日に会社に行くのが楽しみ!」と言うのか。それは仕事中毒や仕事が趣味だからではなく、社員同士が仲間であり家族だと感じているからです。

月曜日に仲間に会いたい。家族に会いたい。だから「月ワク」なのです。だから信頼関係が深く、仕事に誇りと情熱を持って打ち込めるのです。

過去に西精工には、重い病で入院していた方がいました。その方は「最期に会社に行きたい」と言っていたそうです。それは「働きたい」という意味ではありません。「仲間に会いたい」「家族の顔を見たい」という想いからです。

西泰宏社長は「目指すのは大家族経営」と言っています。社員を家族として大切にする。何があっても守る。責任を持って育てる。そんな「覚悟」を私は何度でも思い出すために、自分のなかで見直すために、西精工に行きたいと思っています

せっかくなら、あなたも一緒に行きませんか? 一緒に最高の会社を目指しつづけましょう!

残り0名

満席御礼! ただ今キャンセル待ちです

こちらからお問い合わせください